<戻る>

   
<平成23年4月〜24年3月>


平成24年3月

3月1日 自民党富山県議会議員会の朝勉強会が県連で開催された。私が所属する文教公安部会(山本部会長)において、私も是非一度聞くべきだと賛成したことにより実現した。星槎国際高等学校・富山学習センターの副センター長である「林原洋二郎」氏の講演を聞いた。

3月11日 議長代理として東京へ向かい、「東日本大震災一周年追悼式」二出席した。国立劇場・大劇場で開催され天皇皇后両陛下ご臨席のもとお言葉を頂き、厳粛な中で全員献花致しました。2度は無いと思われる経験で、議長に感謝しております。

3月20日 第19回黒部市宇奈月町邦楽芸能大会が、今年もセレネにおいて開催された。昨年に続いての招待であるが都合をつけて参加させていただいた。地元の皆さんそれぞれの成果を発表され、また旧黒部からも多くの方が参加しておられ私の同級生も踊っておりました。

3月21日 このたび竣工する富山県広域防災センターを視察した。その中に体験型学習施設である「四季防災館」があり震度7を体験して参りました。全く動くことができませんでした。また風雨災害、初期消火や流水体験などの施設があり身をもって体験できますので、是非皆さんも体験してください。(写真:広域防災センター全体)

3月23日 副議長として最後の議長席登壇となり、山辺新議長を選出する選挙の采配を振るいました。これで当分は議長席に座ることがありません。次はもし議長になれたら座れますが 何時そうなれるか分かりません。

3月24日 石田の中野さん所有の「蔵」で三遊亭良楽師匠の落語があり聞かせて頂いた。貧乏長屋の住人がみんなで花見に繰り出すと言う「長屋の花見」で何回も聞いたがやはり笑いがこみ上げてくる。一方2つ目の演目は、題は忘れたが人情もので涙が出てきてしまった。良楽師匠は人情ものの方がうまいと思った。

3月27日 関西電力が運営する「黒部川電気記念館」がリニューアル・オープンしたので、そのオープンセレモニーが開催され参加した。かなりの予算がつぎ込まれており映像や音響など素晴らしいものになっていた。そうすると、欅平に環境庁が建設中のビジターセンターや黒部市が計画中の新幹線新駅の観光ギャラリーについては、この電気記念館とはまた違ったものになるよう工夫して欲しい。

3月31日 自民党富山県議会議員会、がん対策推進条例(仮)検討プロジェクトチームは、富山国際会議場で「これからのがん医療を考える」講演会を開いた。基調講演は、静岡県立静岡がんセンター総長:山口 建先生が、また特別講演では「がんと向き合う」〜自分の身体と時間を大切に〜と題してタレントの向井亜紀さんが語った。(写真:山口総長、向井亜紀さんなど)

 
平成24年2月

2月3日 ホテルアクアに於いて、前市議会議員でよこやま栄・荻生後援会長である 稲田弘氏の旭日双光賞授章祝賀会が開催され、発起人の1人として参加した。長い間自民党黒部市連の幹事長をして頂き共に色んな選挙を戦ってきた仲である。本当におめでとうございました、何時までも元気で活躍して頂きたい。

2月4日 北方領土の日・記念大会がボルファートと山で開催された。記念講演では北方領土問題対策協会・前理事長の間瀬雅晴氏の講演があった。また、中学生の[私たちと北方領土]作文コンクール表彰式及び優秀作品の発表があった。出来れば知事本人に出席していただければと思った。(写真:2月7日黒部市北銀前において街頭演説)

2月9日 東海北陸7県議会議長会議が 岐阜グランドホテルで各県の正副議長や事務局長などが参加して開催された。会議の後記念写真撮影や意見交換会も合わせて開催された。

2月10日 平成23年度黒部市PTA連絡協議会・活動報告会及び懇親会がホテルアクアで開催された。県P連へ出向しておられる皆さんの活動や、それぞれの単位PTAの活動状況などについて報告がなされ、懇親会では県P連や行政に対する要望や意見を多く聞くことが出来た。

2月11日 新村文幸黒部市議会議長就任祝賀会がパレス扇寿で開催され、県議会副議長また自民党黒部市連支部長としてお祝いを申し上げた。た。自民党黒部市連の幹事長でもあるため忙しく大変だと思いますが、健康にも留意され職務を全うしていただきたいと思います。

2月13日 県庁の議長室に、私達富山県の正副議長を訪ねて中村功・宮城県議会議長が来庁された。宮城県のみでは処理しきれない災害廃棄物の処分受け入れについて、富山県執行部等へ働きかけて欲しいと言う要請であった。

2月17日 この日より4泊5日の予定で富山県PTA懇話会の主催で「富山県カンボジア教育視察」と言うことでソウル経由プノンペンへ出発予定であったが、残念なことにソウルー富山便が天候不良のためセントレア空港(中部国際空港)に向かってしまったため中止となってしまった。10時より結団式を行い激励も頂きながら残念なことになってしまいました。関係の皆さんには大変ご迷惑をかけてしまい申し訳なく思っております。参加者の皆さんや懇話会、旅行会社など関係者と相談の上 改めてチャレンジしたいと思います。(写真:せめて出発式の写真をアップしておきます。)

2月24日・28日〜3月23日 24日は議会前の経済建設委員会が開催され「津波の対応について」や「メタンハイドレードについて」質問をした。また、2月予算議会が28日より開催され 石井知事の提案理由説明で本会議はスタートした。予算がないときだけにしっかりと議論しなければなりません。



平成24年1月

1月1日 昨年は選挙の年と言うことでニューイヤー駅伝は失礼をしたが、今年は大きな期待を持って応援に参加した。昨年が12位と言うことで「今年はひょっとすると1桁台に入るのでは」と思って応援していると、本当に8位入賞もあるのではと言う走りが続いたが、終わりの2区間でブレーキがかかり結局21位と言う成績であった。来年は必ず順位が上るので また応援に来ようと思っています。(写真:各選手とも精一杯の走りであった)

1月5日 14時50分から私が理事長を務める超党派で結成している「スポーツ振興議連」の知事要望があり参加した。各種スポーツの振興に努力していただくようお願いし、私の方から特にパークゴルフが非常に幅広い年代層で競技され 女性も一緒にプレイが楽しめることなどから 来年度に「県知事杯」を設けていただきたいと要望し 好感触を得ました。(実現すれば決勝は大島パークゴルフ場で)

1月9日 ANKU実行委員会新年会総会が午後6時よりH.グランミラージュで開際された。7年に1度PTAの東海北陸大会が、A(朝日町) N(入善町) K(黒部市) U(魚津市)の新川地区で今年10月に開催される。私も参加しますが皆で成功させましょう。実行委員会の皆さん本当にご苦労様です。

1月13日 宇奈月温泉旅館協同組合の新年懇親会がH.ニューオータニで開催された。今年度から「H.くろべ」の中島社長が会長を務められ、知事や関係部課長にも堂々と自分の意見や主張をしておられると 聞き頼もしく思っております。

1月16日 (社)くろべJCの新年祝賀会に参加した。柴沢直前理事長から山口理事長へと引き継がれる総会で、両理事長とも素晴らしい挨拶で感心した。若い青年実業家たちの力で 必ずや黒部市を引っ張って行ってくれるものと期待しています。

1月21日 石田商工振興会や石田小学校PTAによる「左義長」が行なわれ、久しぶりに参加した。随分立派な竹を切り出してきておられ盛大に行なわれた。また子供たちにラーメンが振舞われ私もご馳走になった。

1月24日 第141回全国都道府県議会議長会・定例総会が東京「都道府県会館」で開催され議長代理として参加した。日本の地方を動かす議会の代表が集まっておられ独特の雰囲気があった。この雰囲気は参加してみないと なかなか解らないと思いました。また引き続き「都道府県議会・議員共済会総会」も開催された。(写真:残念ながら発言の機会はなかった)

1月30日 自民党役員と知事部局幹部との予算について協議する「企画委員会」が開催され、私も意見を述べることが出来た。その後、懇談会も開催され自由に知事や部局長と議論することが出来た。




平成23年12月

12月3日 「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出する富山県議会議員連盟」や富山県、「救う会富山」主催による講演会がサンシップとやまにおいて開催され参加した。横田茂・早紀江夫妻や救う会会長の西岡力氏の話を直接聞くことが出来た。

12月8日 富山県立氷見高校・実習棟竣工式に議長代理として議会を代表して祝辞を代読した。富山県の高校再編の一環として 有磯高校との統合により整備されたもので福祉、農業、海洋、ビジネスの4専門教育をより充実させるため整備された。

12月9日 富山県議会開催中(予算特別委員会)であったが議長代理として植出副知事と共に北陸線幹線・中央要請に参加した。西川福井県知事、田中議長、谷本石川県知事、山田議長などと共に民主党や自民党の国会議員各位、国交省などを廻った。特に衆議院に於いて樽床民主党幹事長代行や城島民主党幹事長代理に要請活動を行なった時に12月末に政府・与党合意で3整備新幹線の認可・着工が決定される確実な感触を得たが「他言無用」と言うことでマスコミ発表も微妙な感じであった。

12月10日 犬山公民館が竣工しそのお祝いの会が開催され招待を受けた。「早くしてください、早く要望書を出してください、後に幾つもの地区が待っています」などと歴代の町内会長さんを急がせて参りましたが、ついに立派な公民館が完成し思いもひとしおでした。(写真:随分時間がかかった気がします。)

12月14、15日 自民党雇用問題調査会県外視察に参加した。資生堂・汐留オフィスでは、岩田副社長よりお話が聞け、社内で圧倒的に多い女性社員の地位向上などを肌で感じることが出来た。また厚労省において中沖部長と面談が出来、15日は「キッザニア東京」を視察し 子供たちが各種の職業を実際に体験しているノウハウを学ぶことが出来た。(写真:楽しく遊びながら体験)

12月17日 ちびっこ☆きらら保育園(旧ちびっこランド)・開園式に参加した。無認可であるが、そのお陰で行政に縛られることがない自由な保育や学習活動を展開しておられることは素晴らしいと祝辞を申し上げた。これからもしっかりと応援していきたいと思います。

12月22日 「とやまGAP推進大会」が富山県農協会館で開催され 議長代理としてごあいさつをした。昨年12月に「富山県適性農業規範に基づく農業推進条例」を議員提案し制定致しました。今回この条例に基づき「富山県適性農業規範」が策定され公表されたのです。今後本県農業に対する信頼性が向上し持続的に発展していくものと信じております。

12月26日 「黒部市観光連絡会議」が宇奈月町・延楽において開催され参加した。黒部市、宇奈月商工会、旅館組合、観光局などから参加され観光局の取り組みや黒部市の取り組みについて報告がありその後意見交換した。黒部峡谷鉄道の加藤社長からも意見発表があり幾つかの課題を頂いた。

12月28日 11時30分より「執務収め」が県議会特別室において行なわれた。議長より議会事務局幹部に対しねぎらいの言葉があり平成23年の執務を終了した。



平成23年11月 へのリンク

10月31日〜11月5日 オレゴン州友好提携20周年友好訪問(ポートランド、セーラム)(写真集)

11月6日〜11日 フィンランド、ベルギー視察(ヘルシンキ、ブリュッセル)文教公安部会(写真集)

11月16日〜18日 「立山の塔」慰霊行事 富山県南方戦没者沖縄慰霊塔奉賛会:会長として参加(写真集)

11月19日 「第2回全国小水力発電サミットin黒部」が宇奈月温泉を中心に開催された。国際会館セレネに於ける開会式や基調講演、パネルディスカッション、事例報告などが開催された。

11月21日 がん対策推進条例検討プロジェクトチームが開催した「がん診療連携拠点病院の現状と課題」と言うことで黒部市民病院を視察した。また、「多職種チームによるがん終末医療・在宅医療の提供」と言うことで、新川地位きっ在宅医療療養連携協議会と懇談し,がん対策推進条例制定に向けて勉強をした。(写真:黒部市民病院)

11月23日 自民党富山県議会議員会 政調勉強会(TPP)が開催され参加した。富山地方議員連絡協議会の会員も参加し、TPP参加に積極的な共同通信社論説委員委員の谷口 学先生と参加に消極的な東京大学大学院農学生命学研究科・教授・鈴木宣弘先生の2人の講演を聞き勉強をした。(写真:自遊館大ホール)

11月24日 経済建設委員会が開催され、TPP参加の影響や、タイにおける水害の長期化で県内企業が受ける被害の現状について質問した。

11月27日 富山県総合防災訓練が氷見市、南砺市、小矢部市などを中心に開催され議長代理として参加した。石井知事と共に長野県の防災ヘリに乗り移動しながら訓練の様子を視察した。

11月28日 11月県議会が開催となり石井知事の提案理由説明があり12月13日までの会期を決定した。






平成23年10月

10月5日 「国際砂防フォーラム2011」がインテックビル3Fスカイホールで開催され参加した。西村幸夫氏(日本イコモス国内委員会委員長)の特別講演があり、東日本大震災によって防災意識が非常に高まっている。この防災と言う視点から世界遺産登録を考えてはどうかと言う提言があった。私は、原発問題から黒部川の電源開発もあわせて考えていけば本当に良い視点だと思います。

10月7日 議長代理で高岡古城公演で開催される「万葉集全20巻朗唱の会」に出演1句朗唱をした。3日間にわたり朗唱され自由な調子で朗唱しておられ黒部市からも沢山参加しておられた。(写真:黒部市から参加された女性たちと共に)

10月9日 柴垣光郎氏・歌碑建立除幕式が宮野山において行なわれた。黒部短歌会が設立されて30年になり柴垣先生が設立以来常に会発展のため尽力されていた事などから歌碑建立に至ったそうである。

10月11日 自民党がん対策推進条例(仮)検討プロジェクトチームが主催する視察に参加した。富山県自民党議員会では、議員提案による「がん対策推進条例」をつくり がん患者の減少とより良い治療を目ざしております。今回名古屋市がん相談情報サロン「ピアネット」と三島市の「県立静岡がんセンター」を視察しました。(写真:静岡県立がんセンター)


10月18日 コラーレにおいて新川みどり野高校創立10周年記念式典が開催されました。議長代理として参加ししゅくじを代読させていただきました。定時制単位制高校としてそれまでの新川女子高校の校舎を利用して誕生しました。県民カレッジ地区学習センターを併設する生涯学習校として大切な学校です。

10月24日 北陸3県議長会が開催され 私が富山県からの議案として「農地・水保全管理支払交付金の継続について」提案した。この議長会の後、北経連や関経連の皆さんと北陸新幹線の大阪までの延伸について懇談した。関西側からも北陸新幹線の延伸について大きな声を上げて頂き、共に行動していこうと言う思いからである。

10月25日 富山県議会・自民党議員会新川ブロック政調会議が開催され魚津以東の市町の支部より要望を受けた。県連執行部への直接の要望であるため皆さん真剣に要望され、その後全般にわたり懇談された。

10月30日 (NPO)黒部まちづくり協議会のHANA会議が宇奈月ニューオータニホテルで開催された。各ワークショップやプロジェクトが本年度の状況などについて発表された。活発な活動をしているところも沢山あるが少し低調なところもあるようである。


平成23年9月

9月6日 立山黒部貫光鰍フ参議会が富山第一ホテルにおいて開催された。1年に1度県議の立山黒部貫光鰍ノ対する意見や提案などを聞くため開催されており、私は始めて参議となったため初参加となった。私の方から、アルペンルートのオープンに付いて「もう少し早まらないか」「積雪で途中通行止めとなっても仕方ないのではないか」といった意見を述べた。

9月7日、26日 経済建設委員会が開催された。今回は、宇奈月町商工会の解散や湾岸道路、自然災害等について質問をしました。詳しくは「県議会報告」をご覧ください。

9月9日〜27日 この間9月議会が開会され活発な議論がなされた。北陸新幹線や並行在来線、また原発を初めとするエネルギーといった課題 また地震や津波台風と言った災害の課題も多く取り上げられた。

9月10日 黒部ライオンズクラブ設立五十周年の式典や祝宴が宇奈月温泉のホテルニューオータニにおいて開催された。非常に沢山の方が参加され祝賀会も大変
賑やかにまた盛大にか行なわれた。

9月16日 県議会議員(OB,県P)と県P役員との教育懇談会が開催された。ことしより藤井県議(婦中町)ギャク師県議(礪波市)の2人が増えたため県議7人の参加となった。例年の通りいきいき亭で、1時間の教育懇談会のあと2時間ほど懇親会が行なわれ教育談義に花が咲いた。

9月24日 立山町芦峅寺で行なわれる立山信仰の女人救済儀式「布橋灌頂会」が2年ぶりに開催され、招待状が来たので参加した。この儀式は、江戸時代に立山登拝を許されなかった女性が、あの世とこの世の境界とされる布橋を渡り、極楽往生を願った儀式が復活したものである。(写真:布橋灌頂会 布橋を渡る70人の女性)

9月25日 黒部パークゴルフ協会設立10周年記念式典並びに祝賀会がパレス扇寿で開催された。公害防除事業で土壌が積み上げられた土地の有効利用を地元で協議して欲しいと当時の魚津農地林務事務所から頼まれ 石田としてパークゴルフ場にと言う結論を纏めたことが思い出されます。これだけの組織が出来施設を利用して頂けるとは思ってもいませんでした。

9月28日 立山黒部を愛する会で、昨年中止となった鐘釣・黒薙温泉視察を行なった。40名にもなる参加者で皆さんの関心の高さが伺われます。最後に宇奈月温泉に戻ってから「セレネ」において1時間ほど意見交換をしましたが、時間が足りず纏めることができず不満が残った。(写真:鐘釣地内せき止湖が出来ている)



平成23年8月

8月5日 自民党・防災対策等特別委員会主催による、北陸電力志賀原子力発電所を視察した。1号機54万kw 2号機120万kwであるが1号機は現在停止中で2号機は定期点検中である。これまでの津波の想定が5mであり、原子炉建屋が海抜11mである事から安全だとされてきましたが 東日本大震災以降安全性の確認を言われています。

8月9日、10日 県議会自民党議員会において、「しなの鉄道」の視察が企画され参加した。実際に乗車し、車両基地や新駅について視察しまた長野県庁で、並行在来線対策室で高野昭次課長補佐のお話も伺った。しなの鉄道の山田隆専務の「わが社は、資産を譲渡されるとき簿価で行なったのが最大の間違いであった。民間会社同士であるからその価値に見合った価格で譲渡を受けるべきであった」と言う言葉が印象に残った。(写真:しなの鉄道車両基地視察)

8月17日 棚山カントリークラブにおいて、新川地区の市町の首長・県議・議会議長が懇親のゴルフを行いその後、ゴルフに参加されなかった方も参加され、小川温泉元湯で懇談をした。



8月19日 自民党宇奈月支部の国・県に対する要望を取りまとめる政調会に参加し、宇奈月地区の各町内の課題についてそれぞれの町内より説明を受けた。これまで行なわれていなかった新しい試みで、多くの課題が浮かび上がりしっかりと対応しなければならないと感じた。

8月22日、23日 県議会議会運営委員会による視察が行なわれた。群馬、長野の2県庁を視察した。この2件の議会には、予算特別委員会はありません。本会議において、1問1答方式や大項目をまとめて数回に分けて 大項目ごとに質問する形式が選べるようになっていた。また議会ごとに議会の広報を新聞に折り込んで県民にアピールをしていた。(写真:群馬県庁議会事務局より説明)

8月25日 自民党農業問題調査会による砺波市、高岡市の農業法人を視察した。「農事組合法人林中部営農組合」は、110haの経営規模で戸田代表理事は「販売ルートの確立が大切」と言われ冷凍保存などをおこなっている。「みずほ農場」ではネギなどを、アルビスと7haを契約しており (有)中山農産ではハトムギや八つ頭の生産を行なっていた。その後「潟Zイアグリシステム」で意見交換会を行なった。

8月27日 「黒部市平和記念戦没者追悼式」が黒部市民会館で開催された。県議会議長代理として「追悼の辞」を代読した。先の大戦から早66年が経過し今一度遺族の皆様と共にしっかりと記憶に留め、御霊の安らかならん事を願い世界平和を祈った。

8月29日 ウィングウィング高岡で県議会政策討論委員会が初めて議事堂の外に出て開催された。会場内250人また外のテレビモニターの所に50人ぐらいと超満員となり議論も活発に行なわれ大成功であったと思います。私は副議長として参加し発言は出来ませんが大いに雰囲気を味わって参りました。

平成23年7月

7月1日 黒部市宇奈月地内にコミュニティ・タクシーが開設された。愛本地区や下立、浦山などの皆さんに大いに利用して頂き今後の良いモデルになればと思います。

7月1日、6日 2日間にわたり新幹線総合交通対策特別委員会において、9人の参考人質疑が行なわれた。最初30〜40分参考人から説明がありその後委員との質疑が行なわれ、1参考人1時間以内であった。

7月4日 遅れていた「副議長就任祝賀会」を開かせて頂いた。この様なお祝いは皆さん参加しやすいのか当初予想を大幅に上回る参加者で 扇寿に入りきれなくなり親戚の皆さんにご迷惑をかけました。(写真:一家全員祝福を受けました)

7月5日 自民党・福祉環境部会の主催で大規模な太陽光発電を2箇所視察した。先ず婦中町にある北陸電力のこの4月に稼動したばかりのメガソーラー発電施設、続いて太閤山ランドの水上式の太陽光発電を視察しました。大変広大な面積が必要だと改めて感じました。

7月10日 滑川市民会館において、自民党富山県第2選挙区(宮腰代議士が支部長)の総会が開催され参議院議員の片山さつき氏の講演があり、菅総理との国会でのやり取りを印象的に話しておられました。

7月14日 私は自民党・文教公安部会に所属をしており、視察に南砺市利賀小・中学校を尋ねました。複式学級で統合しようにも近隣の学校までの距離が遠く 単独で維持していくしかない学校でした。現地で皆さんが要望された教員の加配について考慮しなければならないと思いました。

7月20〜21日 もうそろそろ良いのではないかという事で、自民党主催の東日本大震災の視察に行って参りました。石巻市、七ヶ浜町、東松島市、仙台市などを訪れました。テレビなどの報道で見聞きしているはずでしたが 360度瓦礫の山の中にいますとその物凄さに言葉がありませんでした。関係者の話を総合すると国の対応が余りに遅くどうしようも無い。超法規で行なわなければ何事も進まないと力説しておられました。皆さんも1度は現地を見ておかれては如何でしょうか、そして観光をされ お金を使っててくることが大切だと思いました。亡くなられた皆様のご冥福をお祈りいたしますと共に、1日も早い復興をお祈りいたします。(写真:石巻市雄勝町公民館、石巻市立大川小学校附近、七ヶ浜町)

 

7月26日 富山県農協会館において、自民党農業問題調査会と県農業法人会・県企業稲作経営者協会また県当局も来て頂いて意見交換会が開催されました。わたしは、福島第一原発事故による風評被害について意見を述べた。私の会社も食品を扱っているため、他人事ではないと感じました。

7月28日 射水市・ラポールにおいて「暴力追放富山県民大会」が開催され議長代理として祝辞を述べた。未だに暴力団の問題はなんら片付いていないことに気が付き今後の取り組みが大切だと感じた。


平成23年6月


6月2日 日本海沿岸地帯振興連盟・総会が ホテル・ニューオータニ・ザ・メインアーケードで開催された。総会開催前に理事会が開催され打ち合わせが行なわれた。また富山県議会議長は理事であるため主催者側に座った。議長代理で参加したが最初は少し緊張した。

6月3日 富山県選出の国会議員への重要要望が朝食をとりながら知事 副知事 知事政策局長などが参加し、議会は正副議長が参加して行なわれた。この日は自民党所属の皆さんで、昨日午後に民主党の議員に行なわれた。(写真:前日、民主党の国会議員に説明)

6月4日 この日は大変忙しい日で、H23年度黒部市遺族会定期総会並びに慰安激励会、自民党富山県連大会(講演会には石原幹事長) 富山県PTA連合会定期総会・講演会 JR黒部駅周辺PL総会・懇談会などが重なって開催され順次参加した。





6月6日 東海北陸7県議長会議が福井市で開催され坂田議長と共に参加した。私は、高速道路について整備を促進するよう意見を述べた。会議の後懇親会もあり東海北陸7県(富山、石川、福井、岐阜、愛知、三重、静岡)の正副議長や福井の西川知事などと懇談した。

6月10日 再選後最初の6月議会が始まり、今日は石井知事より提案理由説明が行なわれた。この議会は、地震原発津波対策といった防災あるいは、エネルギー中心に議論がされるものと思いました。最終日は28日が予定されています。

6月15日 本日初めて本会議で議長席に座る日であります。黒部からも傍聴に約50名が参加されると聞いており 少し緊張気味でしたが無事議長役をこなすことが出来 ホッと致しました。(写真:初めて議長席に)

6月24日 県東部地域活性化議員協議会の勉強会が開催され、黒部峡谷鉄道社長の加藤氏に講演をして頂き その後質疑応答をした。黒部峡谷や宇奈月温泉には多くの課題が山積しており これらを1つ1つ解決していく努力が大切だと感じた。


6月25日 議長代理として「南米協会」総会と「海外移住家族会」総会に参加した。共に鹿熊安正氏が会長を務めておられたが本日を持って勇退された。長年のご労苦に改めて感謝申し上げたい。(写真:議長代理で祝辞)


6月28日 この日は6月議会最終日でした。坂田議長もお疲れになったのではないかと思います。私の方は委員会での質問のみで 本会議や予算特別委員会での質問がないためかなり気が楽でした。就任以来約2ヶ月が経過し、どうにか副議長という役職にもなれてきた感じが致します。




平成23年5月

5月2日 本日富山県議会において組織議会が開催された。先ず議長の選挙が行われ 無効が1票あったものの39票をもって、坂田光文氏が選出された。続いて副議長選挙が行われ、31票対9票で私が当選し副議長に選ばれた。12年前初当選した時には全く考えられない事であった。坂田議長を助けてしっかりと与えられた仕事をこなし皆さんの期待に応えて行きたいと考えています。

5月8日 第54回ボーイスカウト富山県大会がクロスランド小矢部で開催され、議長代理として参加した。石井隆一富山県連盟長のあいさつや、桜井森夫小矢部市長の歓迎の言葉また寺林教育長の激励の言葉などがあった。

5月13日 平成23年度の黒部市PTA連絡協議会の総会が開催され、県Pアドバイザーとして招待され、県Pの活動内容を報告させてもらい 懇親会でもそれぞれのPTAの課題について議論することが出来た。

5月14日 第22回「みどりの愛護のつどい」が県総合体育館で開催され、みどりの愛護功労者表彰などが行なわれた。そして前日より来県しておられた皇太子殿下のお言葉も頂いた。その後富岩運河冠水公園において記念植樹などが行なわれた。(写真:皇太子殿下も記念植樹)

5月18日 ANAホテルにおいて 自民党総務会長である小池百合子氏を迎えて自民党県議団と懇談会が開催された。小池氏の方から国会の現状などについて報告があり、県議の方からは党本部に対する思いや要請が出された。とにかく1日も早く解散総選挙に持ち込み勝たなければならないと思う。

5月26日 第12回「とやま森の祭典」が朝日町棚山ファミリーランドにおいて開催され 議長代理として参加し祝辞を代読した。大変良い天気となり記念植樹も行い知事と共に植樹やテントにおける展示などを見て廻り、説明を受けた。最後にみらーれテレビで放送予定の各団体との意見交換会にも参加した。

5月29日 北陸新幹線(仮)新黒部駅から僅か200mの所に初代富山県知事:国重正文の住居を移築した天真寺松桜閣(黒部市指定文化財)がある。此のたび職芸学院上野教授らにより復原工事が行なわれ竣工した。「北陸の銀閣寺」とも呼ばれ、訪れる市民や観光客も多くなると期待しています。

5月31日 (独)森林総合研究所が実施主体(法人として最後の事業)となり、平成 16 年度から建設してきました林道小見線 の「新ニンニクトンネル」が完成し 議長代理として参加し祝辞やテープカットを行ないました。有峰附近には県も随分予算をつけていると感じ、黒部峡谷附近にももう少し配慮して欲しいと思いました。(写真:新ニンニクトンネル入り口でテープカット)


平成23年4月

4月1日 富山県議会選挙告示の日となり、朝の出陣式には大勢の皆さんに駆けつけて頂いた。5時になり、大野候補のほか立候補者がなく無投票当選が確定した。この時も本当に大勢の皆さんに来ていただき、沢山の祝辞を頂き、改めて富山県民のため与えられた重責を全うしなければならないと決意した。「明るく、安心安全な社会を作る」ために、4年間全速力で走り続けます。(写真:目的達成に感謝)

4月1日〜9日 1日選挙事務所でのご挨拶の後すぐに、富山で五十嵐候補の応援演説を最初に連日昼夜を問わず9日の神田候補まで行なった。日中の事務所訪問や、自分のあいさつ回りなど忙しく飛び回った。

4月13日 県議会・大会議室において、当選証書が付与された。新しい県議会議員が10人誕生し元気一杯で初々しかった。私もこんな時があった事を思い出し、「初心を忘れずに」頑張っていくことを誓った。

4月18日 (財)富山県PTA親子安全会の「制度改革対策特別委員会」が開催され、県・親子安全会の法人として公益を選ぶのか一般を選ぶのか検討する委員会で意見を述べさせていただいた。

4月22日 富山県警・山岳警備隊・分隊長の「丸山政寿巡査部長を見送る会」がコラーレで開催された。2月28日に剱岳池ノ谷ガリーにおいて、訓練中雪崩に巻き込まれて心肺停止状態となり、4月7日に発見されました。所属は現在入善署ですが出身は黒部市前沢で、黒瀬にご両親がおられ、県警の対応などについて相談を受けていたが、本当に残念なことである。今後はこの様なことが起こらないよう訓練の方法などについて検討しなければならない。(写真:会場のコラーレがほぼ満員になった)

4月23日 武蔵工業大学(東京都市大学)の同窓会である、「武蔵工業会」富山県支部の総会があり参加した。先輩方からお祝いの言葉があり恐縮した。私の2級先輩の機械科卒に現在の国土交通大臣である大畠章宏さんが居られる。民主党ではあるが先輩となれば応援したくなります。大変な時でありますがどうか頑張ってください。

4月28日 にいかわ総合支援学校・教育振興会総会が開催され、再び会長に就任した。滑川から東の県議が一丸となって努力しなければならないと思っています。 

4月30日 生地「あいの会」発足10周年と言うことで記念行事が開催された。田村邸に於いてお茶会が開催されたため参加し 初めて田村邸に入った。(庭園のみ)歴史を感じ、清水が湧くのをただ眺めていました。

 <戻る>